本日は土用の丑の日

土用の丑の日とは

「土用の丑の日」の

「土用」と

歴の「立春、立夏、立秋、立冬」の直前18日間を表す言葉だそうです。曜日の土曜日とは、関係が内容です…。

「丑の日」とは

昔は日にちを数える時に今の「1日、2日、3日…」と数えるのではなく、「子、丑、寅、卯…」と十二支で数えていたといわれています。

「土用の丑の日」とは土用の期間に訪れる丑の日のという事となります。

土用は毎年変わるので、土用の丑の日ももちろん毎年変わる事となります。

ちなみに土用の期間に丑の日が2日ある年もあります。

2020年は夏に土用の丑の日が2日(7月21日と8月2日)あります。

この場合は、7月21日を「一の丑」、8月2日を「二の丑」と言います。

なぜ、夏の丑の日に鰻を食べるのか?

諸説ありますが、一説によれば、

江戸時代、夏場に鰻が売れなくて困っていた鰻屋の主人が、学者である平賀源内に相談したところ

「本日、土用丑の日 土用の丑の日鰻の日、食すれば夏負けすることなし」と

店に貼り出すことをすすめました。

すると、その鰻屋は大繁盛。それを聞いた他の鰻屋もまねるようになり

次第に土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したと言われています。

また、夏の「土用の丑の日」はちょうど暑さが一年の中でも最もきびしく、夏バテになったり、食欲不振に

なったりと体が疲れやすくなる時期となる為、鰻はビタミンAやビタミンB等、疲労回復や食欲増進など効果があり、

夏を乗り切るためのスタミナ補充に最適だったこともあり江戸時代の頃より、

鰻を食べる習わしが定着してきたと言われています。

ウナギ以外にも

丑の日にちなんで、頭に「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという風習がもともとあったこともある事から

鰻以外に、うどん・梅干し・瓜(うり)・牛(うし)・馬(うま)など頭に「う」のつく食べ物を食する

といいと言われています。

ここ最近、蒸し暑く夏バテや熱中症などが気になりますが、おいしいものをいっぱい食べて、

しっかり運動して体を動かし、夏バテや熱中症などにならずに

この夏を乗り切るように頑張っていきましょう。

デイサービスのメダカに

以前、ブログで紹介していたメダカにやっと子供が産まれました。

利用者様もスタッフもまだかまだかと待ちわびていましたが、昨日、水槽の中を泳ぐ小さなメダカを2匹

発見しました。

利用者様も大喜びで毎日、色々な方が見ては「小さいね」といい笑顔を見せてもらっています。

メダカの子供は小さすぎて画像には映らない為、親メダカを貼っています。

また、報告したいと思います。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. シニアヨガ③

  2. HOW TO スクワット

  3. 院内のADL評価「FIM」の解釈方法について【ケアマネ向け】

  4. 新型コロナウイルス感染症対策

  5. ハンドマッサージ ~癒しの時間~

  6. HIIT 実践編

  7. シニアヨガ②

  8. 【ご本人・ご家族向け】認知症予防に効果的な2つの方法「今日から出来る!」

  9. 膝や腰が痛いのはつらいよ

  10. 熱中症予防&園芸活動④

投稿カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

PAGE TOP